夫がゴッホを見たいというのでドライブ。

京都国立近代美術館で開催中の

『ゴッホ展』へ行きました。

大勢の人いきれの中、

ふらふらと売店コーナーへたどり着いて見つけたのは、

ゴッホが選んだひまわり

『ゴッホが選んだひまわり』の種。

ムフフ(^^♪春になったら畑に撒くぞ!!

生産地アメリカってあるけど、ま、いっか♪


家に帰って改めてパンフレットを見ていたら

浮世絵に影響されて書いたという蛙の記述が!?

え?あったっけ??

ゴッホ 花魁 蝦蟇

『花魁』と言う作品の足元に描かれています。

『花魁』は見たけど、蛙はちょっと記憶に。。。

カエラーとは思えぬ痛恨のミス(-_-;)

その後、

フォーエバー現代美術館 祇園京都と言う美術館で

『草間彌生展』を鑑賞。

靴を脱いで上がる畳敷きの美術館で、

伝統的日本建築の有形 文化財だそうです。

艶やかな草間ワールドを堪能し、

京都市立芸術大学ギャラリーを訪ね

見終わって外に出たら、

狐やら河童やら、

妖しくも美しい百鬼夜行を目撃!

ぼ~っと見とれていたら、

アヤカシの方々が手を振ってくれ、

嬉しくて手を振り返しながら

「カッコいいです~!」

と叫んでおりました(^_^;)

その中の寿老人に

「こんちは~」

と声を掛けられ、気さくなアヤカシだなと思ったら

何と京都国際マンガミュージアムの荒俣館長さんの分身で、

寿老人ではなくアリャマタコリャマタさんなのだそうです。

ありゃりゃ(;^_^A

『荒俣宏館長の節分おばけ☆仮装百鬼夜行』と言うイベントで

京都国際マンガミュージアムから二条城までの

往復パレードに遭遇したのでした。

珍しいモノが見れて良かったです!!


帰りの桂川パーキングエリアで

忖度まんじゅうのパッケージ

『忖度』を発見!!

おまんじゅうです!!

忖度まんじゅう

まんじゅうに『忖度』の文字が!

スゴイ!!!
第56回鳥取市民美術展、本日終了致しました。

見に来てくださった皆々様、ありがとうございました。

有り難いメッセージやメール、本当に嬉しかったです。

これからも、クスッと笑って頂けるような

とぼけた蛙を拵えていきたいと思っています。

どうか一つ、よろしくお願いいたします<(_ _)>

本当にありがとうございました<(_ _)>

市展賞 賞状と副賞と米ちんからの花束♪
前回はがっかりさせて、申し訳ございませんでした。

皆様お気付きだったでしょうか?

井蛙博物館第二展示室 ブラックボックス?

『STAFF ONLY』のブラックボックス!

『O』のシールが在庫切れで

『Q』をチョンと切って代用したのですぞ!!

あ!ゲホゲホ

いや、このブラックボックス、何かと申しますと。。。

電池ボックスでございます。

スイッチオンで。。。



ライトアップ 井蛙博物館第二展示室

夜の展示室に早変わりです。

ライトアップ ヴィーナスの誕生

ヴィーナスはシルエットでロマンチックに♪

ライトアップ アンチンボルト

ケロチンボルトの部屋は更に騒々しく!

ライトアップ ドガ

踊り子たちは当時の照明に照らされているかの如く。

ライトアップ 鉱物コレクション

鉱物も怪しく輝いております。

さて、ワタクシのご案内もここまででございます。

長きに亘っての、お付き合いありがとうございました。

如何でございましたでしょうか?

少しでも楽しんでいただければ幸せにございます。

よろしければ是非

鳥取市教育センターの体育館で実物を見てやってくださいませ。
ごきげんよう。

『井蛙博物館 第二展示室』の続きを始めます。

申し遅れました、ワタクシ当館長の井蛙idoaです。

そして、こちら

井蛙博物館第二展示室 室長

井蛙博物館第二展示室 室長でございます。

そして彼女が

井蛙博物館第二展示室 監視員

井蛙博物館第二展示室の優秀な展示監視員でございます。

以後お見知り置きを<(_ _)>

さて、それではご案内を再開いたしましょう。

当館は博物館でもありますので標本も豊富にございます。

井蛙博物館第二展示室 鉱物コレクション

こちらはサル御仁から寄贈頂いた鉱物コレクションでございます。

只今、室長が全力で仕分け?分別?しております。

そしてこちら、

井蛙博物館第二展示室 標本コーナー

大変貴重な菌糸類と、少々胡散臭い標本たち。

井蛙博物館第二展示室 蛙のブローチ

更に、年代不詳の蛙のブローチ。

井蛙博物館第二展示室 猫のブローチ

同じく、猫のブローチでございます。

あ!蛙が入り込んで、猫に掴まれて。。。

室長!室長!

コホン、失礼いたしました。

最後にこちら。

井蛙博物館第二展示室 パンチの蛙

こちらは、館長が蛙のシルエットのパンチを

名刺にパンチしてためた蛙です。

いわば、廃棄される部分ですな。

それを大事に溜めて、溜めて、

何年も何年もかかったのです!

あ!!お客様がっかりなさらないで!!

とっておきをご覧に入れますので、

もう一回お付き合いくださいませ<(_ _)>
第56回鳥取市民美術展始まりました。

こちらが、デザイン部門に応募した私の作品

井蛙博物館第二展示室 全体

『井蛙博物館 第二展示室』です。

三段の棚、10の部屋に分かれています。

まず右端、中の段からご案内を。。。

井蛙博物館第二展示室 ヴィーナスの誕生

サンドロトード・ボッティチェッリ作

『ヴィーナスの誕生』に ございます。

続きまして中央、

井蛙博物館第二展示室 アンチンボルト

ジュゼッペ・ケロチンボルト作の『夏』

野菜に扮した蛙たちが てんやわんやにございます。

そのお隣、

井蛙博物館第二展示室 ルソー

ルソーの猿、いえいえ、

ケロリン・ルソー作『蛙の居る風景』です。

井蛙博物館第二展示室 ルソーのラベル係

ほら、ラベルにも書いてありますでしょ?!

私の印象では、こんな黒ヒョウが居た気がするのですが。。。

え?何処に黒ヒョウが居るか?ですか。。。

しっぽでラベルを掲げてるアレです(^_^;)

気を取り直しまして、下の段

井蛙博物館第二展示室 フェルメールと…

フロッグネス・フェルメール作

『真珠の耳飾りの少女』

井蛙博物館第二展示室 フェルメール

当博物館では、珍しいドローイングでの展示となっております。

彼女の視線の先は、こう言う事だったのです。

井蛙博物館第二展示室 ドガ

ケロリ―・ドガ作の『踊り子』 

これは踊り子たちの休憩中の様子にございます。

少し長くなってしまいました。

当展示室には休憩所も設けてございます。

井蛙博物館第二展示室 休憩所

どうぞ、ゆっくりお寛ぎくださいませ。

ではまた後程、お目にかかりましょう<(_ _)>
ようこそ!
プロフィール

井蛙idoa

Author:井蛙idoa
カエルとキラキラなモノ大好き♪
100円ショップはパラダイス♪

↓引っ越し苦戦中↓
http://plaza.rakuten.co.jp/idoatoh/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆっくりしてね♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック